【展覧会】巨人の歯/京都国際映画祭2018

2018年10月28日ON GOING PROJECT

_DSC0997
京都国際映画祭2018
巨人の落とし物シリーズ第二弾「巨人の歯」
期間:2018年10月11日(木)〜14日(日)
時間:11:00〜19:00(※最終日のみ17:00まで)
会場:元淳風小学校(〒600-8357 京都府京都市下京区柿本町609-1)
展示内容:歯、映像作品(13分)、「だいだらぼうとホリバーン」説明パネル、配布資料
協力:京都府賀茂川漁業協同組合 ダイビングスクール ブルーピーター
詳細はこちら

日本とイギリス南西部の巨人伝説のリサーチを始めたのは2013年のこと。ある方に連れて行ってもらった、茨城県水戸市のとある公園での不思議な体験。それがきっかけで、ワークショップ、展覧会、パフォーマンスなどを通して、巨人の世界の探求を続け、今年で5年目となりました。京都国際映画祭のアート部門への参加が決定し、その出展作品として、滋賀県に伝わる伝説の巨人・ダダボシ(日本各地に伝承され、だいだらぼっち、だいだらぼう、デーラボウなど、地域によって様々な名称が存在する)がくしゃみをした拍子に、奥歯が京都の鴨川に飛んできたというコンセプトで作品を制作しました。巨人の歯は、鴨川に落下し、どんぶらこと南へと流れて行きました。

造作全般:中村 仁
原型制作:長島 一直 辻 昂平 美輪 明良
樹脂造形:木村 健人 小西 由悟 近藤 辰彦
制作補助:石原 貫也 山口 純 加藤 至 土井 由紀子 森 菫
映像制作:松野 泉
撮影:瀧沢 千裕 清水 花菜 寺本 遥 森 菫
スチル:内堀 義之
高所作業車:巽晃昌堂(巽 昌三、橋本 博)
運搬・警備:石原 貫也
歯の設置・回収:澤 健次(京都府賀茂川漁業協同組合) 田中 嗣人(ダイビングスクール ブルーピーター)
制作場所協力:京都市立芸術大学

Special Thanks:
雨宮 章
伊藤 恒和
普照 大督
五十嵐 紗代子
加藤ビスケットけむく 出町柳の三角州で歯を運んで下さった皆様